梅干しのバニリン成分にダイエット効果がある!?

梅干しの成分にダイエット効果があることが分かりました!

 

 

そのダイエット効果のある成分はバニリンと呼ばれるもので、しかも梅干しにしか含まれていない成分です。

 

 

そのバニリンは摂取すると体に吸収され脂肪細胞を刺激します。脂肪細胞は刺激されることで脂肪が燃焼され体重が減少します。凄く簡単な仕組みですが、ここで驚くのが食べるだけで痩せるということです。運動もしなくていいんです、もちろん運動した方がもっと痩せますが(笑

 

ここで注意が必要なのが食べるだけで痩せるけど食べ過ぎには気を付けなければいけません。

 

1日3個が目安となります。それは梅干しには塩分が多く含まれているためで梅干しをたくさん食べると塩分過多になり、高血圧や不整脈を発症してしまいます。健康どころか不健康になってしまう恐れがあるのです。

 

その為、梅干しは毎食の朝、昼、晩ご飯の時に一緒に食べるのが良いでしょう。

 

梅干しを加熱しさらにダイエット効果を上げる

そのまま梅干しを食べてバニリンを摂取するだけでも効果はありますが。さらにバニリンの効果、ダイエット効果を上げる方法があります。

 

 

それは梅干しを加熱し、温める事です。

 

 

梅干しにはバニリンに似ているけど脂肪燃焼効果が無い、バニリングルコシドという成分があります。このバニリングルコシドは加熱することで分裂してバニリンに変化してくれます。

 

バニリンに変化することで梅干し一つに含まれるバニリンの量が約20%増えるので脂肪燃焼作用も20%もアップするのです。

 

梅干しの温め方は簡単で、お皿に梅干しをのせてラップをします。500Wの電子レンジで1分加熱すれば完了です。バニリンは一度加熱したら冷えてもバニリンの量は増えたままなので、梅干しをまとめて一気に加熱して、あとは冷蔵庫で保存しておくと良いでしょう。

 

 

ただ、加熱し温める時には注意が必要な梅干しもあります。それははちみつ梅です。

 

 

糖分を多く含む物を電子レンジで加熱すると糖質は焦げやすいので発火の原因になったりします。なのでダイエットを考えての梅干しであれば普通の梅干しをおすすめします。

 

さらにダイエット目的であれば特に見た目も気にしませんよね?その場合はつぶれ梅干しや皮ぎれ梅干しがおすすめです。

 

この2つの梅干しは漬け込み時につぶれてしまったり皮が切れてしまった訳アリの梅干しです、その為に価格が安くなっていて美味しいけど安い!という良いとこ取りの梅干しなのでかんりおススメです。(ただし贈答品には当然、向きません

 

 

ダイエットにおすすめの梅干しはこちら

 

 

最後に

 

梅干しはクエン酸により健康効果があることは昔から知られていましたが、バニリンによりダイエット効果があるなんて驚きですよね。

 

しかも毎食時に食べるだけでいいなんて、とても楽なダイエット方法なので継続して続けられるのも良いですよね。

 

TOPへ