干し梅

梅干しじゃない干し梅とは?

梅干しじゃない干し梅とは?

梅干しじゃない「干し梅」とはなんでしょう?ただ名前が逆になっている訳ではありません。

 

 

干し梅とは

干し梅は梅干しをさらに乾燥させたものです。梅干しを調味液に漬けて、そのあと天日干しなどを行い乾燥させます。
梅干しは梅を塩に漬けてから天日干しをしますが、そのあとさらに干して乾燥させたものが干し梅です。何度も干す作業を行うため、かなり乾燥しており、まるでドライフルーツのようです。

 

 

主な食べ方

梅干しとは食べ方が違い、おやつやお菓子としてよく食べられています。お茶菓子としても食べられたりします。梅干しに甘味料を加えて作っていることが多いため、甘みのあるお菓子として仕上がっています。もちろん梅干しから受け継いだすっぱさも楽しめます。
梅干しの種を抜いて作ることが多いため、種を気にすることなく食べられるというのも良いところですね。

 

 

クエン酸を多くふくむ

干し梅も、梅干しと同じくクエン酸をたくさんふくんでいます。なので健康食品としての役割も十分あります。ただ、梅干しよりも塩分濃度が高いことが多いため、たくさん食べすぎると塩分の取りすぎとなってしまいます。
おいしいからといって、食べすぎには注意しましょう。

 

 

干し梅の特徴

干し梅は常温で保存できるため持ち歩いてどこでも食べることができ、持ち運びし易いのが特徴です。もちろん食べすぎには注意しないといけませんが、運動したあとの塩分補給に干し梅を食べたりするの効果的です。
また、口さみしいなというときのおやつとしてもいいですし、お子様のおやつに持たせるのも良いと思います。

 

 

こんな干し梅ですが種なしが食べやすくてオススメです。

 

種なし干し梅はこちら